口臭は病気のサインかも?

10月 18th, 2017 by user35554

老若男女が口臭に関して気にしていると言われていますが、ただエチケットとして

口臭を捉えていると危険かも知れません。

口臭の9割が口腔内が原因となって起こっているといわれていますが、残り

1割の原因はどこにあるいのでしょうか?

口臭は胃腸のトラブルが原因で起こっているケースが見受けられます。

以下のような病気の可能性があります。

1.急性胃炎

唐辛子などの刺激物や感染症などで起こります。アレルギー反応でも起こる

ことがあるので、アレルギー体質の人は要注意です。

2.慢性胃炎

よく聞く名前でしかも、あまり良い印象はないですね。おもに乱れた食生活や

ストレスによって症状が現れます。

3.胃潰瘍

胃の粘膜の表面がただれて崩れる症状の病気です。直接的な原因は胃酸で

間接的な原因は、ストレスによる胃酸過多、喫煙、飲酒とピロリ菌への感染です。

4.十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍は胃と腸をつなぐ十二指腸で潰瘍が起こる症状です。

これらの病気は早い治療が必要です。特にいままで匂いをほとんど感じてお

らず、人からの指摘も受けない人で、きっちりとケアしている人に起こった

場合は、自分で決め付けずに医者にかかることをおススメします。

ゴッソトリノの詳細はここから